クリックで懸賞やお小遣い: ノウハウ習得でインカム増やそう! ネット収入への道に踏み出しませんか?
安全性について 〜プライバシーなんかは大丈夫?〜

懸賞やキャッシュバックを手に入れるためには、会員登録や懸賞応募で、住所・氏名・電話番号などのほか、生年月日、職業、その他の個人情報を入力する必要があります。
これらの情報が漏れたり悪用されたりしないか、心配ですよね?

個人情報保護法の施行も決まり、収集した個人情報を悪用したり漏らしたりすると法律違反となることもあって、大分安心出来る状況にはなって来ていますが、残念ながら、まだまだこの辺の認識が低い企業が多いのが実態です。
プライバシーマークベリサインSecure Site シールTRUST・eプライバシー認証などのバナーを掲載しているサイトは、個人情報の保護やセキュリティーに関心を払っている企業が運営していると云うことですから、信頼できるサイトかどうかの一応の目安にしてください。
逆に、会員規約などと合わせて「プライバシー規約」(プライバシーポリシー)を記載していないようなサイトは、悪用する意図はないとしても、個人情報の保護に対する認識が低いサイトなので要注意です。

ただ、ローソンやYahoo!でも会員情報が漏れたりしてますから、信頼できそうなサイトであっても100%大丈夫とは云えません。 と云うか、可能性は低くても、プライバシー情報の漏洩こそが、ネットでお小遣い稼ぎをする上での一番のリスクです。

こんなマーク→
  

そこで、最悪の場合は入力した情報が漏洩することも想定して、漏れたら困るような情報は無闇に入力しないようにすることが大切です。
住所・氏名・年齢(生年月日)以外の情報の入力については、[会員登録について]を参考にして下さい。

住所・氏名程度の情報であれば、万一漏れても、「あの人がこんな小遣い稼ぎをやっているんだ」ということは判りますが、たとえ会社に知られても、社会通念(難しい言葉^^;)上は会社規則などにある「副業の禁止」事項には該当しませんから、あまり気にする必要はないかと思います。
  …懸賞応募を禁止している会社なんて無いですもんね。^^;

なお、住所、氏名、年齢(生年月日)が漏れるかも知れないことがどうしても気になる人は、懸賞金や賞品を諦めてキャッシュバック(ポイント報酬)のみに絞れば、これを秘匿する(例えば仮名を使う)ことも出来なくはありません。 但し、大抵のサイトでは、仮名などでの登録は会員規約上の禁止事項となっているので、メルアドのみで済む暫定会員制度のあるサイトで確認してみて下さい。
(暫定会員だと報酬面では不利ですが、お小遣い系サイトがどんなものかは解ります)

結論的に云うと、プライバシー上安全とは云えませんが、このお小遣い稼ぎの方法が特に危ないと云うこともありません。 (ネット以外でのいろんな会員登録や申込みと似たりよったりです)
一番ありうるリスクは、スパムメールと売り込みの電話が掛かって来るくらいですから、この対策さえ出来ていれば、被害を受けるようなことはまず無いと云えます。
  …経験上は、ごく稀に電話が掛かって来る程度です。

あと、インターネットを利用するうえでの一般的なリスクとして、ウィルス感染やネット決済情報(クレジット・口座番号、暗証番号)の盗用などに注意が必要です。
なので、お小遣い稼ぎをする/しないに係わらず、以下のような対策をとることをお奨めします。

(1)ウィルスやスパイウェアに対する防護
 利用頻度が高くなるほど感染の確率が増加します。 今まで大丈夫だったと云うことでリスクを軽視しないように。
   出来るだけ早い機会に、NortonAntiVilus、ウィルスバスターなどのウィルス対策ソフトをインストールしてください。
   (とりあえずなら シマンテック・セキュリティチェック で感染の有無が確認できます)
 ネットサーフィン中にインストール許可確認のダイアログが表示された場合、まずは「いいえ」を押すように。
   オンライン広告が目的のものや、スパイウェアまがいのものがあります。
   簡単にアンインストールが出来ないものが多いので、惰性で「はい」を押さないようにクセを付けてください。

(2)クレジット番号、銀行口座番号などの秘匿
 セキュリティソフトなどで、どんなにセキュリティ対策をとっても万全と云うことはありません。
   ネット上でクレジットカードでの支払いやオンライン振込みは、原則として行なわないように。
   また、PC上のファイルにもクレジット番号、暗証番号などの控えを残さないようにすることがネット生活での基本です。
 ネットでの支払いには、コンビニで買える電子マネー(プリペイドマネー)の利用をお奨めします。
   これだと、万一の場合でも、購入金額の範囲内に被害をおさえることが出来ます。
 報酬の受け取りは、常用の銀行口座ではなく、ネット専用の口座を開設しましょう。
   そのうえで、ネット専用の口座については、口座残高を最小に押さえるように運用しましょう。
   今の段階では「とらタヌ」(とらぬタヌキの・・・)かも知れませんが