クリックで懸賞やお小遣い: ノウハウ習得でインカム増やそう! ネット収入への道に踏み出しませんか?
インカム中級編 〜ホームページで報酬アップ!〜

さて、これからがネットでのお小遣い稼ぎの本番です。
初級編では、お小遣い系サイトに会員登録し、広告メールを見たり掲載サイトへ訪問したりすることで、懸賞プレゼントやキャッシュバック付きのポイントを貯めることが基本でしたが、ここまでだとアンケートや懸賞応募に没頭しないと、精々2〜3千円くらいにしかなりません。
勿論、片手間に遊びながらできるし、銀行の利子よりはマシですけど、時給に換算すると判るように"稼ぐ"方法としては全然美味しくはないのです。(=TェT=)

中級編では、ホームページ(以下HP)を作ることで、もっと効率的にお小遣いが稼げる方法を説明します。  HPを作るのには、それなりの時間と知識が必要なので、なんとなく面倒な気がするでしょうが、最初の取っ掛かりさえクリアできれば、結構楽しみながら作れてしまいます。
・・・根気はいりますが( ̄▽ ̄;A

それに、初級編の方法だけだと、どうしても単調になるので飽きてしまいますが、HPを作りながらだといろいろ考えることも多くなるので、合わせてやることがお小遣い稼ぎを続けるコツかも知れません。。
HPがあると、HPに来てくれた人の"クリック"でも"インカム"が得られるようになるので、是非チャレンジしてみて下さい。

なお、HPでお小遣いを稼ぐ方法としては、以下のようなものがあります。

聞きなれない言葉かも知れませんが、リンクスタッフとは、HP経由での商品販売/紹介形態のひとつです。
HP上に特定の企業の宣伝用バナーを設置し、そのバナーを経由して誰かが買い物や資料請求などを行なうことで報酬が発生します。
直接企業と契約して、ネット上の宣伝スタッフや販売代理店のような役割を果たすことからこのような呼ばれ方をしています。

審査や面倒な契約手続きはほとんどなく、会員登録と同じような感覚でスグ始められるうえ、企業との直接契約のため、中間マージンが取られない分、多少高めのキャッシュバックを得ることが出来ます。
手近なところでは、お小遣い系サイトでの「会員紹介」がこれに該当します。

アフィリエイト(ASP経由)
これも、HP経由での商品販売/紹介形態のひとつですが、ネット上で小売りのお店を開くような感じに近いです。
アフィリエイト・サービス・プロバイダ(以下ASP)と呼ばれる云わば"問屋さん"のような仲介業者を介して、販売/紹介したい商品を品揃えし、そのバナーをHP上に並べて宣伝します。

リンクスタッフの場合と同じで、そのバナーを経由して誰かが買い物や資料請求などを行なうことによって報酬が発生しますが、報酬はASPから支払われます。
つまり、契約はアフィリエイト・サービスを仲介するプロバイダと結ぶことになり、プロバイダによってはHPの内容についての審査を行なうところがあります。

リンクスタッフと比べると1件あたりのキャッシュバックは少なくなりますが、品揃えを格段に増やすことが出来るので、本格的に取組めば収入もぐ〜んとアップします。
「楽天」や「ジャパネットたかた」のミニモニ版ダヨネ!o(^o^)o

MLM (マルチレベルマーケティング)
アムウェイなどの会員制販売のネット版と思って下さい。  リンクスタッフと似ていますが、商品の販売/紹介だけではなく、会員紹介などによって会員ランクがあがり、そのランクに応じて下位の会員が販売/紹介した手数料の一部もキャッシュバックされる仕組みになっています。
会員紹介もバナー経由なので、知人を紹介するような煩わしさはありません。

いわゆる「ネズミ講」や「マルチ商法」ではないので法律上は問題ないですが、企業イメージの点からか、この制度を採用しているのは小さな会社や単独の個人、外資系の企業などが多いので、リスクについての調査とそれなりの割切りが必要です。(詳しくは下記を参考に)
 ◆参考リンク; インターネット丸得情報館

いちばんポピュラーなものとしてはリードメールがあり、これについては基本的に無料なので、ほとんどリスクは無いと思っています。 会員登録費用や商品の仕入れが不要なものについては、ジュチ@管理人も出来るだけ調べるつもりでいますが、あまり期待はしないで下さいネ。( ̄▽ ̄;A

■アドセンス (Google AdSense)
Googleなどでの検索結果ページに表示されるテキストベースの広告を、「アドワーズ」(またはPay-Per-Click広告)と云いますが、このホームページ版が「アドセンス」です。
Googleと契約すると、自分のHP(の右側)にHPのテーマに関連のあるテキスト広告が配信され、それがクリックされることで報酬が発生します。
アフィリエイトなどと違って特定の商品の販売/紹介は必要ないですが、クリック単価が低いこともあって、集客力の高いサイトでないと難しいです。
今のところ、この方式はGoogleのみしか対応しておらず、お小遣い稼ぎのレベルでは敷居が高いですが、上級者の間では、新しい広告/報酬の形態として注目されています。


ちょっと蛇足になりますが、企業と提携してバナー広告を掲載するホームページまたはその管理者のことを「アフィリエイト」と呼びます。
このため、「リンクスタッフ」を含めて、HP上でのお小遣い稼ぎはほとんどが「アフィリエイト」になります。但し、「リンクスタッフ」などと並べて「アフィリエイト」と云うと、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」経由での「アフィリエイト」を指していることが多いので混乱しないで下さいネ。( ̄▽ ̄;A,

蛇足(その2)ですが、一般に"ASP"と云うと、「アプリケーション・サービス・プロバイダ」のことを指します。
つまり、企業で使う経理・給与などの業務アプリケーション・ソフトや、オフィス用ソフトなどのオンラインサービスを行なうプロバイダのことで、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」とは別の物です。
アフィリエート・サービスも、広い意味ではアプリケーション・サービスの一種なので、絶対におかしいかと云われると、そうでもないんですが・・・・でも、やっぱり間違っていると云われるとは思います。 ( ̄▽ ̄;)